空がしたたり落ちていた。

徒然連ねる独白文。
古舘 煙
http://pr1.cgiboy.com/S/0682425

陸奥のずんだ王国にて、看護学生兼介護職に勤めるしがない苦女学生。

現在は、上記の仕事・勉強に追われ表立った活動等はないが、お絵描きだったり文章だったりと、地味ぃに創作活動を行う。
あえてotakuとは自認しないが、何かと濃い人生をおくっている。

(80年後半)90年〜の漫画・アニメ等を好み、年齢的にサバが生じることも多々ある。
精神年齢的にも、少々な時差を生じる為、実年齢が自他共によくわからない。
漫画は単行本派であり、ジャンプを今まで自分で購入したことはないが、基本的にハマるのはジャンプである。
アニメを好む為、当時の声優には異様に詳しかったりするが、年代的に現在の方々をよく知らない。

音楽に関しても自分の好みのモノしか視聴しない為、広く浅くでは無く、狭く深くなので巷で聞かれる音楽に関しては無知に近い。

ハマッたモノにはとことんで、自分を止める者がない現在ストレス発散を称して、部屋はカオス状態である。


地元宮城をこよなく愛す割に、何時かは帝都か蝦夷へという夢は棄ていない。
将来的には、現時の勉強をほっぽり堕して、声での仕事がしたいと密かに苦悩中。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ